ThermoSherpa twitter

検証段階で活用する熱流体解析ソフトとは用途が違います

サーモシェルパ用途イメージ

Page Top

「熱のフロントローディング」構想段階で熱設計の方針を決められる

目的

熱設計を支援

構想設計から詳細設計での熱設計や熱対策検討を支援

熱対策の検証を支援

主に詳細設計後半の具体化した熱対策の検証を支援

適用範囲

構想設計→詳細設計→設計検証

構想設計→詳細設計→設計検証

利用者(ユーザー)

部品、基板、筺体に関する熱の基礎知識が必要

部品、基板、筺体に関する熱の基礎知識に加えて、シミュレーション技術スキルが必要

効果

熱対策(仮説)の立案

温度条件を満足する設計改善案がわかる

熱設計結果の確認

設計改善案に対する温度などの状態・状況がわかる

Page Top

熱流体解析ソフトのINPUTはサーモシェルパのOUTPUTとほぼ同じ

部品温度マージン計算
部品の熱対策を検討する際に、たくさんの部品に対して、
かつ、得たい温度マージンを持つ条件値を探り出すことは大変な作業でした。
逆算機能を利用することで、それらが解消できます。

逆算機能イメージ

※本機能は”計算上”満足できる条件値を算出するものであり、”熱設計上の最適値”が算出できるわけではありません。

基板データインポート機能

ThermoSherpaは図研アプリケーションとの連携がスムーズに行うことができます!
回路・基板CADからThermoSherpaへ簡単にデータをインポートできます!
計算条件設定の入力ミスを防ぎ、すぐに熱設計の検討を始めることができます!

計算結果データ出力

計算結果を画面上でコピー、またCSV形式によるエクスポートが可能。
設計検討の試行においては条件毎の結果データを比較、
また、データを加工して熱設計のエビデンスとして利用できます!

Page Top

ThermoSherpa 熱設計支援システム サーモシェルパ

「ThermoSherpa」は、以下の要素を融合した業界初の画期的な熱設計支援システムです。

  • 株式会社図研グループが持つ高度な設計システム開発力
  • 株式会社ジィーサスの高度なモノづくり技術力
  • 国峯 尚樹氏(株式会社サーマルデザインラボ)が持つ多くの熱設計事例

※「ThermoSherpa」は、株式会社ジィーサスの登録商標または商標です。

  • 販売元 株式会社図研 ZUKEN
  • 開発元 株式会社ジィーサス Zsas